Information Bind Journey

WordPressのDIVERテーマの良い所を解説!

この記事では、初心者の方で「WordPressを使っているけど何かオススメのテーマはないかな?」という質問にお答えします!

そもそもWordPressって?

画像引用元 – WORDPRESS 日本語 — WordPress

※WordPressについてご存じの方はこの章を読み飛ばしましょう。

WordPressとは、ブログやサイトを作るときによく使われるソフトのことです。

サイトを作るときに必要なプログラミングがほとんど必要なくサイト作成ができるため、なんと世界のホームページやブログの3分の1がWordPressで作られていると言われています。

WordPressを使うことのメリットとしては以下のようなものがあります!

導入、維持費用が無料で、絶えず行なわれているアップデートの恩恵が受けられる

HTMLやCSSというサイトを作るうえで必要なプログラミング知識が不要

プラグインというサイトに特定の機能を追加で持たせるためのツールが豊富で、自分のサイトをプログラミング不要でカスタマイズしやすい

管理画面がシンプルなため、管理がしやすい

困ったときには、公式ホームページから質問を受け付けてもらえる

使用者が多いため、Webで使い方を調べると多くの情報が日本語で出てくる

つまり、プログラミングについての知識がない初心者には使いやすいオススメのサイト作成ツールとなっております。

ここではWordPressを使う上で重要な要素の一つであるテーマのオススメを紹介します!

テーマとは、サイトの見た目を決め、サイト管理をするときに必要な機能をまとめた、サイト全体のテンプレートのことを指します。 

DIVERとは?

画像引用元 – DIVER Infotop様総合ランキングにて1位を獲得しましたっ!!

DIVERとは、WordPressの有料テーマの一つで、Infotop総合ランキングでも1位になったほどの人気と実績があります。

特徴としては、複数のWebデザイナーとプログラマーが集まって開発されたもので、ブログにたくさんの人が来るよう集客の対策が施されているものです。この対策のことをSEO(Search Engine Optimization)対策と呼びます。

SEO対策が施されているWordPressのテーマは他にも存在していますが、それでもこちらをオススメするメリットを以下に紹介します!

DIVERを使うことのメリット5選


1.無期限、無制限で直接のメールサポート

なんとDIVERでは無期限・無制限、24時間対応のメールサポートが付いているので、実質テーマ本体代ぐらいしかお金がかかりません。

他テーマであれば

サポートがそもそも受けられない

サポートは購入後30日以内

サポートはテーマのインストール完了まで

というようにサポートに制限がついているものが多いのです。

しかし、DIVERは無期限のメールサポートが付いているのです!

また、無制限のメールサポートとは、WordPressの内容だけでに留まらず、サイトがうまく表示されないことやHTML、CSSなどテーマ外の内容についても質問をすることができるのです!

こういった手厚いサポートがあるため、初心者の方には特にこちらのテーマを買うメリットとして大きいのではないでしょうか?

なんでこんなにサポートが手厚いのか?

DIVER公式サイトにその答があります。

満足度100%を目指して、手取り足取りサポートいたします。

私達「Diver」開発チームは、ご利用いただいたお客様全員に満足していただきたいと思い開発をしております。しかし、お客様は十人十色であり、デザインの好みやこだわりのポイントなどが少しづつ違うため、100%満足とまでは言えませんでした。
そこで私達一同は、無料で相談出来る場を設けることによって一人ひとりのこだわりや好みに合わせて調整させていただくことを決めました。
なぜこんなことをするのかというと、お客様の声が「Diver」をより強化して成長させてくれると考えたからです。ほんとに些細な事でも構いませんので、お気軽にご意見やご要望をお聞かせください。

DIVER公式サイト

無期限・無制限のメールサポートを実施しているところからも本気で取り組んでいることが分かります。

2.カスタマイズが多様

カスタマイザーという機能でプレビュー画面を確認しながら画面のカスタマイズができます。

画面の見た目を変更するために使われるCSSによる記述などをせずとも画面のデザインを変更出来ます。

カスタマイザーによる画面デザインできる項目はどんどんと追加中とのことですので、今後も更に使いやすくなることでしょう!

もし希望のカスタマイズの項目があれば、メールサポートから要望を伝えることでテーマのアップデート時に反映することもあるそうです!

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

3.レスポンシブ対応

PCとスマフォであれば画面の大きさ、縦横比が異なるので、サイトの表示の仕方を変えなければ、キチンと表示がされません。これをレイアウト崩れと言います。

レスポンシブ対応とは、レイアウト崩れを防ぐため、サイトを見ているデバイス(PCで見ているのかスマフォで見ているのか)の情報から、そのデバイスに適したサイトを表示することです。

しかし、このレスポンシブ対応をするためには、画面の見た目を変更するCSSを設定しなければならないです。

DIVERではこのレスポンシブ対応するように初めから設定されているので、レスポンシブ対応するために自分で設定する必要がなく、記事を作ることに集中できるのです!

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

4.無料で最新版にアップデート

DIVERでは、インターネットが無くならない限りバージョンアップをし続けていくということを公式が宣言しており、日々進化を遂げています。

最新版にアップデートするには、追加のお金が必要でなく、無料で更新できるため、このテーマを一度買うのみで日々変わるインターネットの世界に適したサイトが出来てしまいます。

5.サイトごとにテーマを買い直す必要がない

有料テーマには、テーマ1つにつき1つのサイトのみに適用可能というものもあるなか、DIVERでは自身のサイトであれば、複数のサイトにテーマを設定することができます!

サイトを数多く運営することになった場合、使うサイト数が多ければ多いほど、実質費用が低くなります。

「いろいろな分野のサイトを運営したい!」「自分のブログ用ともう1つサイトを作りたい」という方にはかなりメリットとなるのではないでしょうか?

ここまでで、DIVERを使うことで得られるメリットについてお伝えしてきました。

次にオススメの機能について見ていきましょう!

DIVERのオススメ機能5選

1.CTA・アピールブロック

CTAとはCall To Action の略で、ボタンをクリックすることで外部のサイトへ移動させたりできるボタンのことです。

例えば、「〇〇を買うならこちらから!」「××の資料請求はこちらから」というような文言がボタンに書かれていることがありますが、これらもCTAの1つです。DIVERでは投稿ページの最下部に設置することが可能で、設定も投稿したページでCTAを設定するかどうかを選択するだけですので、簡単に行えます!

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

アピールブロックとはCTAのようなボタン、または画像が画面をスクロールしても常に画面内に表示されるようにする仕組みのことです。

「その記事内でスクロールしても表示し続けたい!」という重要な情報を表示するときに使われます!

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

2.ファーストビュー設定

ファーストビューとは、トップページで一番大きく表示される、サイトの顔ともなる表示部分のことです。

自分独自の画像を設定することもできますが、元から用意されているものを使用することも可能です!

他にも、YoutubeのURLを貼り付けることで、トップページに動画を流すこともできます!

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

3.入力補助

画像引用元 – DIVER 入力補助

DIVERのオリジナルの機能で、入力補助機能の項目とできることは以下の通りです。

様々なサイトを作るうえで必要な項目が簡単にサイトへ反映できるようになっています。

例えば、Webサイトを見たときに文字へマーカーが引かれていく機能など、設定するのにCSSを書かないといけない機能もボタンをクリックすることで作成可能です!

4.パスワード設定記事

「投稿している記事全てじゃなくて、一部の記事はサイトの会員だけに公開したい」「有料記事として、一部の記事を投稿した」

こういった悩みを解決できる機能がパスワード設定記事です。

サイトを運営していくうえで、一部の人だけに見せたい情報が出てくる場合があれば、この機能を使うことですぐに実現できます!

実際のサイトでも、有料会員以外は記事の100文字までしか見られないなど記事の閲覧内容を制限をしているところがありますが、同様のことができるのです。

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

5.画像非表示設定

トップページで使っている画像とどのページでもどこのサイトか分かるように貼り付けるロゴ画像とが、同じものを使用しているときなどに使える機能です!

他にも記事一覧のときに記事を表すような画像(サムネイルといいます)を非表示にすることで文字中心の硬派なサイトづくりにも使えます。

画像引用元 – DIVER Diverの機能紹介

DIVERを使う上での注意点

自身のサイトに使うのであれば、複数サイトに使っても問題はありません。しかし、他の人物のサイトで使えるようにすることは禁止されております。

また、Web制作代行など、第三者が関わる場合には特別ライセンスというものをこちらの公式サイトから発行する必要があります。

まとめ

初心者にも便利な入力補助機能があるから簡単にサイトが作れる!

無期限・無制限のメールサポートが受けられるので、何か困ったときにはプロからアドバイスがもらえる!

一度買うだけで、自分のサイトなら複数サイトへ買い直さずに使える!

そんな素晴らしい特徴を持っているのがDIVERなのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です