Information Bind Journey

Wordpres最強テーマ 「THE THOR」 の使い方とおすすめ初期設定を丁寧に解説

「THE THOR(ザ・トール)」はSEOに強く、デザイン性と機能性を兼ね備えた国内最高峰のWordPressテーマです。これからブログやアフィリエイトサイトを始める方にはぜひ使っていただきたいおすすめのテーマです。

「THE THOR」を使うと、次のようなおしゃれなサイトがワンクリックで作成できます。

この記事では、WordPressテーマ「THE THOR」の購入およびインストール方法、初期設定、使い方などをご紹介します。さらには、「THE THOR」を実際に使ってみて感じたメリット・デメリットについても徹底解説しています。

ブロガー・アフィリエイター向けのWordPressテーマを探している方は、ぜひ参考にしてください。

WordPressテーマ「THE THOR」の購入方法

THE THORは、次の公式サイトから購入およびダウンロードができます。

⇒ WordPressテーマ「THE THOR」

公式サイト上の「テーマをダウンロード」をクリックします。

購入できるプランは2通りです。

自分で設定できる方は「テーマ&サポートプラン」、サーバー契約からテーマ導入および初期設定まで全部お任せしたい方は「らくらくサーバーセットプラン」がおすすめです。

今回は、「テーマ&サポートプラン」を購入してみました。

支払い方法には、クレジットカード払いと銀行振り込み、郵便代引き決済の3通りがあります。

購入したら、ダウンロード手続きのメールが送られてきます。ダウンロードページのURLとアクセスパスワードが記載されていますので、それをもとにログインします。

ログイン後、「テーマファイルをダウンロードする」をクリックすれば、ダウンロードができます。

ZIPファイル(圧縮ファイル)がダウンロードされますので、解凍ソフト(Lhaplusなど)で解凍すると、以下のようなファイルが入っています。ファイルを開くための必要なパスワードは、先ほどのメール内に記載されています。

WordPressテーマ「THE THOR」のインストール前の準備

THE THORをWordPressにインストールする前に、以下の項目は必ずチェックしておいてください。

・サーバーのPHPバージョンが7以上である

THE THORは、サーバーのPHPバージョンが7以上でないと正常に作動しません。

エックスサーバーの場合、サーバーパネルにログイン後、「PHP Ver.切替」メニューから、現在のPHPバージョンを確認できます。

・事前にバックアップを取る

すでに運営してきたブログのテーマをTHE THORに変更する場合は、必ず事前にバックアップを取っておきましょう。

バックアップがないと、不具合が起きたときに復元が困難になります。

バックアップは以下の記事を参考にしてください。
WordPressでバックアップを取る4つの方法(初心者向け)

※これから新しくブログを始める方は、この作業は必要ありません。

・使用中のプラグインをすべて一旦停止する

すでに運営してきたブログにTHE THORをインストールする場合は、いったんすべてのプラグインを停止しておきましょう。また、不要なプラグインは削除しておきます。

※これから新しくブログを始める方は、この作業は必要ありません。

WordPressテーマ「THE THOR」をインストールする方法

先ほどダウンロードして開いたフォルダに、2つのZIPファイルが含まれています。

このファイルが、THE THORのテーマファイルになります。これをWordPressにインストールします。

まず、WordPressの管理画面 > 外観 > テーマ を開いて、「新規追加」をクリックします。

「テーマのアップロード」をクリックします。

「ファイルを選択」をクリックして、先ほどのフォルダから「the-thor」を選択します。

「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが完了したら、「テーマのページに戻る」をクリックします。

同様の方法で、「the-thor-child」もインストールします。

2つのテーマファイルをインストールできたら、「有効化」をクリックします。

再び、WordPressの管理画面 > 外観 > テーマ を開くと、以下のように「THE THOR CHILD」が有効化されています。

・親テーマと子テーマについて

WordPressテーマには、親テーマと子テーマの2つがあります。

子テーマとは、親テーマに紐づけされたカスタマイズ用のテーマファイルのことです。

例えば、「THE THOR」の場合、「the-thor」が親テーマ、「the-thor-child」が子テーマのテーマファイルになります。

一般的に、親テーマを直接カスタマイズした場合、親テーマのアップデートに伴い、カスタマイズした内容はすべて失われてしまいます。

しかし、子テーマを適用してカスタマイズすると、子テーマでカスタマイズした内容は親テーマがアップデートされても引き続き残ります。

WordPressブログをカスタマイズして運営したい場合は、基本的に子テーマを使うことをおすすめします。

ここでは、「THE THOR CHILD」が有効になっていればOKです。

それでは、THE THORを適用する前後でデザインがどれぐらい変わったかを見比べてみましょう。

▼THE THOR適用前

初期設定では、デフォルトテーマ「Twenty Nineteen」が適用されています。

▼THE THOR適用後

まったくブログのイメージが変わりますね。同じブログとは思えないほどです。

デフォルトテーマではまず、このクオリティは表現できません。

ブログ全体を見渡しても、下の画像のようにとても洗練されて、すっきりとしたデザインになっています。

ブログの第一印象は、訪問者が記事を読んでくれるかどうかに直結します。

THE THORを使うだけで、訪問者の目をくぎ付けにする魅力的なブログデザインが簡単にできます。

WordPressテーマ「THE THOR」の初期設定14項目

THE THOR では、WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ から、さまざまな設定ができます。

ここでは、THE THORをインストールしたらまず設定しておきたい14項目についてピックアップして解説します。

1.更新用ユーザーIDおよび会員フォーラムのアカウント発行

THE THORでは、「更新用ユーザーID」と「会員フォーラムのアカウント」を発行する必要があります。

購入時に届いたメールに、発行方法が記載されているので、それをもとに ID・アカウント発行フォームに入力し、「メールを送信する」をクリックします。

通常、1~2日以内にID・アカウントが発行されます。ID・アカウントが発行されたら、WordPressに設定します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 基本設定 > ユーザーID設定 を開きます。

更新用ユーザーIDを入力します。

これで、今後テーマが更新されたときにも最新バージョンを使うことができるようになります。

また、会員フォーラムは、WordPressの管理画面上に会員フォーラムへのリンクと専用パスワードが記載されていますので、ここからアクセスできます。

▼会員フォーラムサイト

会員フォーラムはTHE THORのユーザー同士がお互いの疑問を解決・学び合う場となっています 。

会員フォーラムに投稿する際に、先ほど発行したアカウントが必要になります。

2.デザイン着せ替え機能で一発設定

THE THORでは、プロのデザイナーが手がけた完成度の高いデザインを一発で設定できるのが大きな特徴です。

そのためには、Customizer Export/Importというプラグインが必要になります。

WordPressの管理画面 > プラグイン を開き、「新規追加」をクリックします。

「Customizer Export/Import」で検索して、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールしたら、「有効化」をクリックします。

次に、THE THORのデモサイト一覧から好みのスタイルをダウンロードします。今回は、左上のテーマをダウンロードしてみます。

ダウンロードしたZIPフォルダを解凍します。このフォルダに入っているファイルがデモサイトのデザインを適用させるためのファイルです。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > エクスポート/インポート を開いて、先ほどダウンロードしたファイルをインポートします。

インポートしたら、次のようにデモサイト通りのブログデザインが完成します。

これだけで基本的なブログデザインが構築できるのはかなり楽ですね。

通常はこれだけでも丸1日はかかってしまうぐらいですから、かなりの時間短縮につながります。

デモサイトは9種類のデザインが用意されているので、用途やターゲット(読者層)に合わせて最もふさわしいものを選ぶようにしましょう。

【デザイン着せ替え機能を使う際の注意点】

デモサイトのスタイルをインポートすると、それ以前にカスタマイズで設定した内容は失われてしまいます。デモサイトのインポートは、最初に行うようにしましょう。

3.サイトロゴの設定

サイトタイトルを文字ではなくロゴで表示させるための設定です。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 基本設定 > サイトロゴの設定 を開いて、ロゴ画像を設定します。

サイトロゴは長方形の形で、縦幅が50~60pxぐらいのものがちょうどぴったりと合います。サイトロゴを設定すると、下の画像のようにサイトタイトルにロゴが表示されます。

4.アクセス解析設定

アクセス解析に必要なGoogleアナリティクスとGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)を設定します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 基本設定 > アクセス解析設定 を開きます。

GoogleアナリティクスのトラッキングIDやGoogle Search Consoleの認証IDを入力する欄があるので、各サイトから取得して入力します。

トラッキングID/認証IDについては、それぞれ以下の記事を参考にしてください。

GoogleアナリティクスのトラッキングID
[2019年版]Googleアナリティクス登録・設定方法解説

Google Search Consoleの認証ID
新しいGoogle Search Consoleでサイト認証IDを確認する方法

5.メインビジュアル設定

トップページに表示されるメインビジュアル画像を設定します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > TOPページ設定 > メインビジュアル設定 を開いて、好きな画像を設定します。

メインビジュアルでは静止画のほか、YouTube背景動画やスライドショーなども設定できます。

6.レイアウト設定

投稿ページや固定ページのレイアウトを「1カラム」または「2カラム」に設定できます。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > 投稿ページ設定 > レイアウト設定 を開いて、カラムを選択します。

固定ページのレイアウトも同様に、カスタマイズ > 固定ページ設定 > レイアウト設定 から変更できます。

7.プロフィール設定

THE THORでは、記事下のスペースにプロフィールを表示することができます。

プロフィールの設定は、 WordPressの管理画面 > ユーザー > あなたのプロフィール から設定できます。

プロフィール写真の設定は、WordPressに簡単にプロフィール写真を設定できるサービス「Gravatar」を利用すると便利です。

Gravatarの使い方については以下の記事を参考にしてください。
アバター画像を設定!Gravatar(グラバター)の登録方法と使い方

8.SEO設定

SEOに強いブログタイトル表示に設定します。

初期設定では、ブログタイトルの表示が「ブログの説明文|ブログ名」という設定になっています。

これを「ブログ名|ブログキャッチフレーズ」の形に変更します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > SEO設定 > TOPページSEO設定 を開いて、ここに ブログタイトル(ブログ名|ブログキャッチフレーズ)とブログ説明文をそれぞれ入力します。

設定が終わると、以下のようにサイトタイトル表示が変わります。

そのほか、SEO設定では「img非同期読み込み設定」や「HTML圧縮設定」が設定できます。それぞれ、ブログの表示速度を高め、SEO対策にも有効なので設定しておきましょう。

▼img非同期読み込み設定

▼HTML圧縮設定

9.SNS設定

SNSのフォローアイコンを表示させたい場合は、TwitterやFacebookなど各SNSのURLを設定しておきましょう。

不要なフォローアイコンは、非表示設定もできます。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > SNS設定 > Follow設定 を開いて設定します。

10.AMP設定

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、Googleが推進しているモバイルページを高速に表示させるための手法です。AMPを導入すると、SEO的にも効果があると言われています。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > AMP設定 > AMP機能設定 を開いて、「表示」に設定します。

続けて、AMP表示用のロゴを設定します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > AMP設定 > AMPロゴの設定 を開いて、ロゴ画像を設定します。AMPロゴサイズは600×60pxが推奨されています。

通常のサイトロゴを600×60pxにリサイズしてから設定すれば大丈夫です。

11.メニュー

ブログ内に表示させるメニューについて設定します。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > メニュー を開いて、「メニューを新規作成」をクリックします。

メニュー名とメニューを表示させたい位置を選び、「次へ」をクリックします。

「+項目を追加」をクリックして、メニューに表示させたいリンクを選択します。メニューには、固定ページ・投稿記事へのリンクやカスタムリンク(任意のリンク)を設定できます。

メニューを設定すると、以下のように表示されます。

フッターメニューやスマホで表示したときのメニューパネルも、同様の方法で設定することができます。

12.ウィジェット

ウィジェットとは、ブログに配置された「ウィジェットエリア」というスペースに表示できるさまざまなブログパーツのことです。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > ウィジェット を開きます。

THE THORでは、トップページ上部・下部エリアやサイドバーエリア、フッターエリアなど多くのウィジェットエリアがあります。

ここでは、サイドバーエリアを例にご説明します。

サイドバーエリアに追加したいウィジェットを選びます。不要なウィジェットは削除できます。

「ウィジェットを追加」を押すと、さまざまなウィジェットを追加できます。

例えば、以下のようにウィジェットを設定します。

設定が終わると、サイドバーにも表示が反映されます。

ほかのウィジェットエリアについても、同様の方法で設定ができます。

13.不要な表示は消しておく

THE THORでは、トップページのヘッダー(上部エリア)やフッター(下部エリア)にさまざまな機能を表示させることができます。

しかし、不要な表示は「非表示」に設定しておくことも有効です。

例えば、ヘッダーのお知らせも、最初は必要なければ非表示にしましょう。

ヘッダーのお知らせも不要であれば「非表示」に設定します。

デザインもシンプルになりますし、何より設定のための時間を大幅にカットできるからです。

特に、ブログを開設してからすぐに書き始めたい方は、できるだけシンプルな設定から始めるようにしましょう。

14.PWA設定

PWA(Progressive Web Apps)とは、Googleが提唱している、スマホサイトをアプリのように使える仕組みのことです。

PWAを導入すると、スマホのホーム画面にブログアイコンを表示させたり、読者にプッシュ通知ができたりします。また、ブラウザキャッシュ(インターネット一時ファイル)を利用したブログの高速表示化も可能です。

PWAについて詳しく知りたい方は、以下の参考記事をご覧ください。
PWA(Progressive Web Apps)とは?PWAの機能や導入メリットを徹底解説!

それでは、PWA設定を行います。

WordPressの管理画面 > 外観 > カスタマイズ > PWA設定 > PWA機能設定 を開いて、「有効」に設定します。

【PWA機能を設定する際の注意点】

PWAは強力なキャッシュ機能があるため、実際のページとは違う表示になる場合があります。そのため、カスタマイズしてもブログ上に反映されないなどの現象が起こる可能性もありますので、PWA設定はブログの基本設定が終わってから有効にすることをおすすめします。

WordPressテーマ「THE THOR」のメリットとデメリット

THE THORを実際に使ってみて感じたメリットとデメリットは、それぞれ以下の通りです。

「THE THOR」のメリット

  • プロが作成した洗練されたデザインをすぐに導入できる
  • プラグインを使わなくても高機能なサイトが作れる
  • 複数のブログやサイトでも使える
  • SEOに強く上位表示しやすい
  • AMP・PWA・ブラウザキャッシュなど、ブログの高速表示を実現するための最新技術が標準装備されている
  • サイドバーの有無など、レイアウトも自由自在に変更可能
  • 丁寧に解説されたマニュアルサイトがあるからわかりやすい

「THE THOR」のデメリット

  • 機能が多すぎて慣れないユーザーには設定に時間がかかる
  • 有料テーマなので初期費用がかかる

「THE THOR」は「すぐに書き始められる」WordPressテーマ

WordPressの有料テーマは、機能面やデザイン性が優れていても、実際に購入してみると使いづらかったり、思ったほどかっこいいデザインにはならなかったりすることもあります。

しかし、THE THORは、プロのデザイナーが手がけたデモサイトのデザインをそのままインストールできて、最小限のプラグインだけで本格的なサイト運営ができるのでかなり便利です。

しかも、わからないことがあれば、充実したマニュアルサイトで調べたり、会員フォーラムで経験豊富なユーザーに質問できたりもします。

THE THORのマニュアルサイトは、通常のWordPressテーマではありえないぐらいの充実度です。初心者にもわかりやすく解説されているので、迷わずに使えます。

一方、高機能なだけに、設定項目が多すぎるというデメリットもあります。しかし、今回の記事やマニュアルサイトを参考にして必要な項目だけを設定すれば、それほど時間はかかりません。

また、有料テーマだけに初期費用はかかりますが、これはメリットによるサイト構築の時間短縮を考えれば、逆に安いぐらいです。

通常、WordPressテーマのインストールから初期設定、基本的なカスタマイズまで終えるのに少なくとも2~3日はかかります。操作に慣れていないユーザーであれば、1週間ぐらいかかる場合もあります。

それが、THE THORだと、1~2日もあれば十分設定できますし、デモサイトのデザインを導入するだけで、「すぐに使えるブログ」が手に入ります。

その他の設定は、ブログを書き始めてから、いくらでも設定可能です。

まさに、「書くことに集中できる」WordPressテーマと言えます。

ほかのWordPress有料テーマとの比較

THE THOR は、ほかの有料WordPressテーマと何が違うのでしょうか?

ここでは、WordPressブログでよく使われている人気テーマの「STORK(ストーク)」「JIN(ジン)」「SANGO(サンゴ)」と比較して、特徴・機能の違いやサポートの有無などについて一覧表でまとめてみました。

ちなみに、これらのテーマはすべて購入して使用経験があるものです。その経験をもとに評価してみたので参考にしてください。

価格(税込) レスポンシブ 複数サイト利用 デザイン カスタマイズ 収益化 高速化 マニュアルサイト サポート体制
STORK 10,800円 × 30日間の無料メールサポート
JIN 14,800円 サポートなし
SANGO 10,800円 サポートなし
THE THOR 15,984円 テーマのインストール完了までメールサポートあり(テーマ設置代行プランも別途あり)

上記の一覧表から、THE THORは他のWordPressテーマに比べて価格が若干高めだということがわかります。

しかし、この価格はテーマ本体だけでなく、インストール完了までのメールサポートと充実したマニュアルサイト・会員フォーラムも含めた料金となっています。

このマニュアルサイトは実際に利用してみると、とてもわかりやすく、テーマの導入およびカスタマイズにおいてかなり役立ちました。

もし、このマニュアルサイトがなかったら、テーマ導入後の設定やカスタマイズも相当手間がかかったでしょう。

また、デザイン性やカスタマイズ性、その他の機能性においては、他のWordPressテーマを圧倒するレベルを誇っています。

これほどトータルのバランスが優れていて、質の高いWordPressテーマは、これまで見たことがありません。正直、2万円以上払ってでも手に入れたいぐらいの価値がありますね。

まとめ

最後に、WordPressテーマ「THE THOR」がおすすめな方をまとめてみました。

THE THORはこんな方におすすめ

  • ブログをすぐに書き始めたい人
  • 初期設定に時間をかけたくない人
  • プロ並みの洗練されたデザインを使いたい人
  • 検索エンジンに上位表示させたい人
  • 人に評価されるブログを作りたい人
  • アフィリエイトで収益化したい人

THE THORを使うことで得られる最大のメリットは、「ブログを書くことに集中できる」ことです。

テーマをインストールして、「デザイン着せ替え」と「最小限の初期設定」のみを行えば、テーマを買ったその日からでも、記事を書き始められます。

「ブログをすぐに始めたい」、でも「デザインや機能にもこだわりたい」という悩みを一発で解決してくれる画期的なWordPressテーマです。

これからブログやアフィリエイトサイトを作りたい方で、WordPressテーマをお探しの方は、ぜひ一度試してみてください。

きっと、手放せないテーマになってしまいますよ。

⇒ WordPressテーマ「THE THOR」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です