公式LINEを始める方法!【リピーターをつくるための必須ツール】

今や日本人の6割が使用しているアプリ「LINE」。
若者だけではなく、幅広い年齢層に浸透していて、いまやなくてはならないコミュニケーションツールのひとつですよね。
さて最近では、この「LINE」を使ったビジネスである、企業の「公式ライン」が流行しています。
そこでこちらの記事では、公式ラインについて詳しく紹介していきます。公式ラインの始め方から料金プランについても詳しく説明していくので、「公式ラインを始めてみよう!」と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね!

公式ラインとは?

まずは、公式ラインについて詳しく紹介していきます。さまざまな企業が登録している公式ラインですが、たくさんの人が利用しているアプリというだけあって、ユーザーの目にもとまりやすく、手軽に情報を送ることが出来るのも嬉しいですよね。

ちなみにLINEの公式アカウントといえば、「LINE公式アカウント」と「LINE@」に分かれていると考えている人が多いかもしれませんね。

実際に、「LINE公式アカウント」は大企業向け、そして「LINE@」は個人や中小企業向けのライン公式アカウントとして知られていました。値段も全然違ったのです。

しかしこの2つが統合して「LINE公式アカウント」になることにより、2020年にLINE@はなくなるといわれています。

そして現在、さまざま有料だった機能が、なんと無料で使えるようになったのです!

これはかなり嬉しいですよね。

料金プランは?


そして、公式ラインの料金プランについても紹介します!
フリープランの場合、月額固定学無料で、1000通までメッセージを送ることが出来ます。
またライトプランの場合、月額5000円で、月に15000通までメッセージを送ることが出来ます。また追加メッセージ料金は5円です。
さらにスタンダートプランの場合、月額15000円で、月に45000通までメッセージを送ることが出来ます。また追加メッセージ料金は~3円です。

こうしてみるとわかるのですが、無料で月に1000通までメッセージを送ることができるなんて、フリープランもかなりお得ですよね。
そのため、はじめはフリープランで登録をして、メッセージを送る回数が増えたらスタンダートプランやライトプランに変更するというのもいいですよね!
ちなみにスタンダートプランの追加メッセージ料金「~3円」というものは、追加メッセージを送れば送るほど、1通当たりの単価は低くなっていきます。

とはいっても、気を付けておきたいのがこの数は、全メッセージの合計数であるということです!
つまり、自分が送信するメッセージの数×人数、の数になるのです!
そのため、例えばフリープランを利用していて、友達登録しているユーザーが250人いる場合は、月にユーザーに配信することのできるメッセージは4通になります。
みんなに1000通送ることができるわけではないので、ここは注意しておきましょう!

公式ラインの登録方法って?

さて、ここからは早速、公式ラインの登録方法について説明していきます!
「あまりネットに詳しくない」「できるか不安…」という方でも、わかりやすく丁寧に説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まず必要なものは、スマートフォンかパソコンです。そして公式ラインを設立する前に、通常のラインアカウントを取得しておく必要があります。
その後、https://www.linebiz.com/jp/entry/にアクセスし、公式ラインを開設します!


このとき「認証済みアカウントを開設する」or「未認証アカウントを開設する」と選択する場面があるため、当てはまる方を選んで登録を進めていきます!

認証とはなに?

ここで「認証とはなに?」と思うかもしれませんが、この2つは、平たく言えば審査を通過したのか、もしくはしていないかの違いになります。
認証済アカウントは、所定の審査を通過することにより取得することができるアカウントのこと。認証済みアカウントにはアカウントバッジが付与され、さらにラインアプリ内の検索結果に表示されるようになります。
一方未認証アカウントは、個人や法人問わず、審査を通過しなくても誰でも作ることのできるアカウントのことを指します。基本的な機能は認証済みのアカウントと変わりはなく、有料プランへグレードアップすることもできます。

そして、「認証済みアカウントを開設する」をタップすると、「LINE Business ID」という画面が表示されます。ここの「ビジネスアカウントでログイン」の下にある、「アカウントを作成」をタップしましょう!

その後「LINEアカウントで登録」or「メールアドレスで登録」なのかを選ぶことが出来ます。
自分が使っている個人のラインアカウントで登録をするのか、もしくはメールアドレスで登録するのか、良い方を選びましょう。

アカウントを開設した後は、管理画面にログインして登録完了です!
こうして流れを追ってみると、けっこう簡単に開設することができますよね。

基本設定について

ではここからは、アカウントを開設したあとの基本設定について紹介いたします。
プロフィールページなどが充実していると、見た人が情報を読み取りやすいですし、興味を持ってもらえる可能性が高くなります!
ぜひ、ここからはしっかりと記入することをおすすめします。

まず、管理画面の右側にある「設定」から、プロフィールページを編集します。
主に記入するプロフィール情報は、「アカウント名」「ステータスメッセージ」「プロフィール画像」、そして「背景画像」です。順を追って説明していきます!

アカウント名の設定

まずは「アカウント名」について。検索結果として出てきたリ、登録してくれた人の友達一覧に表示されたりする際の名前になるので、わかりやすく簡潔なものをおすすめします。といっても、普通は企業名や、店舗名が入るところになりますね。

ステータスメッセージ

つづいて設定するのは「ステータスメッセージ」です。アカウント名のすぐ下に表示されているひとこと欄ですね。これは個人のラインアカウントでも設定できるものなので、結構なじみがあるという人も多いのではないでしょうか?ここでは主に、アカウントについて簡潔にひとことで説明したり、いま旬な情報を発信したりなど、さまざまな使い方が出来ます。ここはけっこう目に留まりやすい部分なので、工夫してみましょう!

プロフィール画像

続いてはプロフィール画像です。これもアカウントの「顔」を意味するものになりますので、かなり重要なポイントになります!企業や店舗のロゴやデザインがある場合はそちらを使うことをおすすめしますが、なるべくわかりやすい、かつ見た人の印象に残りやすいものをおすすめします。またラインアイコンということで、自動的にまるい画像になるので、画像を選ぶ際はそこも考慮しておきたいポイントですね。

背景画像

続いては背景画像について。こちらも個人アカウントでも設定できる部分なので、イメージしやすいかと思います。けっこう大きな画面で表示される画像であるため、プロフィール画像におさまりきれない内容をアピールしたり、新商品・おすすめ商品をピックアップしてみたりなど…工夫次第でさまざまな使い方ができる欄になりますよ!

ここまでは基本的なプロフィール情報でしたが、ここからは具体的に登録してくれている人にお届けするメッセージについて紹介いたします!

メッセージ

まず基本のきとなるのが「あいさつメッセージ」です。ここでいうあいさつメッセージとは、ユーザーがアカウントを友達登録してくれた際に、1番はじめに自動で送られるメッセージのことを指します。
「友達登録ありがとうございます(^▽^)/」みたいなやつですね!


これはユーザーとの1番最初のコミュニケーションになりますので、しっかり考えておく必要があります。友達追加後にいきなりブロックされてしまっては悲しいですよね。それではいったい、どんなメッセージがよいのでしょうか?

まず大きなポイントとして、「読みやすく」「絵文字」、そして「通知オフの推奨」というものがあります!
自分が公式の企業アカウントを登録したときに届く初期メッセージを思い出してもらえるとわかるかもしれませんが、簡潔な文章に、ところどころ絵文字などがあって、とても読みやすくないでしょうか?
またおさえるべきポイントとしては、「親しみやすい」文章を心がけることです!初期メッセージは、堅苦しい文章よりも、親しみやすさが大切。宣伝よりも、大事なほどです!

またこれもかなり重要なポイントになるのですが、できたら「通知オフの推奨」をおすすめします。
「通知が多いと感じたら、画面右上の設定ボタンから通知をオフにしてみてくださいね」というようなものです。この一文により、ブロックされる確率がかなり低くなるといっても過言ではありません!
せっかく友達登録をしてもらったのに、ブロックされてしまっては意味がありませんよね。
このような形で、初期メッセージには結構こだわってみる価値がありそうです。

また初期メッセージを設定した後は、「応答メッセージ」を設定しましょう!
「応答メッセージ」は、友達登録してくれているユーザーがLINEにメッセージを送った際、自動で返信される文章のことを指します。「メッセージありがとうございます。申し訳ございませんがこのアカウントでは、個別の返信は行っていません」というようなものから、ランダムで楽しいメッセージが返ってくるものなどさまざまありますよね!
これは「自動応答メッセージ」の「応答メッセージ」の欄から設定することが出来ます。

自動応答メッセージってどうやって設定するの?

ちなみに、公式アカウントに友達登録してくれているユーザーが、なにかトーク画面にメッセージを送った際に、自動返信の返事が返ってくることがありますよね!

ランダムで楽しいメッセージなどが返ってくるアカウントの場合は、反応が気になってついついスタンプなどを送ってしまう!という人も居るかもしれません。

実はそんな自動応答メッセージも、公式ラインにてなんと無料で設定することが出来てしまうのです!

これからはそちらについても説明します。

「応答モード」の設定方法

まず公式アカウント内の「設定」をタップし、そのなかにある「応答」を選びます。

「応答モード」を選択すると、「bot」か「チャット」かを選択することが出来ます。

ここでいう、「bot」や「チャット」とはいったい、どういう意味なのでしょうか。以下で詳しく解説いたします。

「bot」とはいったい何か?

「bot」とはいったい何でしょうか。もしかしたらツイッターなどで見かけたことがあるかもしれませんが、語源は「ロボット」です。「bot」を選択すると、自動応答メッセージにて設定した文章を、相手にロボットのように自動で返信することができるという機能です。

ちなみにここで何も設定をしていない場合に、相手がなにかメッセージを送った際は、デフォルトの文章が表示されます。

それは「メッセージありがとうございます 申し訳ございませんが、このアカウントから個別に返信することはできません 次回の配信をお楽しみに」というもの。

このままでもいいのですが、あまりにも味気ないですよね。そのため、なにか別の文章を設定することをオススメします。

ここの応答メッセージを複数登録していると、相手が何かメッセージを送った際に、ランダムで返信が返ってくるということになるのです!

ちなみに、特定のキーワードに反応するようなメッセージを登録することもできますよ。こちらの機能はかなり面白いので、ぜひともおすすめしたいところです。

「チャット」とはいったい何か?

それではもう一方の「チャット」とはいったい何なのでしょうか。こちらはその名のとおりチャットになります。

こちらを選んだ場合は、自動応答メッセージではなく、手動応答メッセージになります。そのため普通のラインと同じように、ユーザーと1対1でやりとりを行うことが可能なのです。

このチャットを利用する際には「営業時間」というものを決めることができます。

ここでいう「営業時間」とはすなわち、公式ラインでの1対1トークに対応できる時間のことを指します。ここで営業時間を設定することにより、手動応答モードであるチャットモードと、自動応答モードであるbotモードを自動で切り替えることができるのです。

「営業時間」についてですが、人によってさまざまです。

お店や企業の営業時間内にチャットトークを開いておくのもいいですし、そのほかお店が閉店した夜にのみチャットモードにするというのも、場合によっては効果的です。自分やユーザーたちの生活スタイルの傾向をみて考えてみるのもよいですね!

ちなみにメッセージを配信するためにはプランごとに上限があるのですが、自動応答メッセージの場合上限は関係ありません。そして1対1のチャットトークの場合も、無料で何回も使用することが出来ますよ!

ここまで設定が終わったら、今度は実際に友達登録してくれているユーザーにメッセージを送る準備をしてみましょう!
これはメニューの「メッセージ配信」から行うことが出来るのですが、じっさいにユーザーにメッセージを配信する前に、きちんと送ることが出来るのか、いったん自分の個人アカウントに送ってみて、テストを行うことをオススメします。

アカウント公開!

自動応答メッセージってどうやって設定するの?

ちなみに、公式アカウントに友達登録してくれているユーザーが、なにかトーク画面にメッセージを送った際に、自動返信の返事が返ってくることがありますよね!

ランダムで楽しいメッセージなどが返ってくるアカウントの場合は、反応が気になってついついスタンプなどを送ってしまう!という人も居るかもしれません。

実はそんな自動応答メッセージも、公式ラインにてなんと無料で設定することが出来てしまうのです!

これからはそちらについても説明します。

「応答モード」の設定方法

まず公式アカウント内の「設定」をタップし、そのなかにある「応答」を選びます。

「応答モード」を選択すると、「bot」か「チャット」かを選択することが出来ます。

ここでいう、「bot」や「チャット」とはいったい、どういう意味なのでしょうか。以下で詳しく解説いたします。

「bot」とはいったい何か?

「bot」とはいったい何でしょうか。もしかしたらツイッターなどで見かけたことがあるかもしれませんが、語源は「ロボット」です。「bot」を選択すると、自動応答メッセージにて設定した文章を、相手にロボットのように自動で返信することができるという機能です。

ちなみにここで何も設定をしていない場合に、相手がなにかメッセージを送った際は、デフォルトの文章が表示されます。

それは「メッセージありがとうございます 申し訳ございませんが、このアカウントから個別に返信することはできません 次回の配信をお楽しみに」というもの。

このままでもいいのですが、あまりにも味気ないですよね。そのため、なにか別の文章を設定することをオススメします。

ここの応答メッセージを複数登録していると、相手が何かメッセージを送った際に、ランダムで返信が返ってくるということになるのです!

ちなみに、特定のキーワードに反応するようなメッセージを登録することもできますよ。こちらの機能はかなり面白いので、ぜひともおすすめしたいところです。

「チャット」とはいったい何か?

それではもう一方の「チャット」とはいったい何なのでしょうか。こちらはその名のとおりチャットになります。

こちらを選んだ場合は、自動応答メッセージではなく、手動応答メッセージになります。そのため普通のラインと同じように、ユーザーと1対1でやりとりを行うことが可能なのです。

このチャットを利用する際には「営業時間」というものを決めることができます。

ここでいう「営業時間」とはすなわち、公式ラインでの1対1トークに対応できる時間のことを指します。ここで営業時間を設定することにより、手動応答モードであるチャットモードと、自動応答モードであるbotモードを自動で切り替えることができるのです。

「営業時間」についてですが、人によってさまざまです。

お店や企業の営業時間内にチャットトークを開いておくのもいいですし、そのほかお店が閉店した夜にのみチャットモードにするというのも、場合によっては効果的です。自分やユーザーたちの生活スタイルの傾向をみて考えてみるのもよいですね!

ちなみにメッセージを配信するためにはプランごとに上限があるのですが、自動応答メッセージの場合上限は関係ありません。そして1対1のチャットトークの場合も、無料で何回も使用することが出来ますよ!

ここまで完了したら、いよいよアカウント公開です!
メニュー「設定」から、「検索結果で表示」→「表示」に切り替えます。これにより、アカウントが認証アカウントである場合は、ユーザーがアカウントを検索した際表示されるようになるのです!

さて、ここまででラインの公式アカウントの設立方法の説明は完了です!
やってみると、そんなに難しくもなく、意外と簡単ですよね!初期メッセージやプロフィール画面など、けっこう工夫しどころがありそうです。ぜひこだわってみてくださいね。

料金プランを変更したいときは?

ここまできたら、続いては公式ラインアカウントにおける、料金プランの変更方法について紹介します!
さきほど料金プランについて、3つのプランを紹介しましたが、これらの変更方法はどうするのでしょうか。「友達登録してくれているユーザーが増えたから、1つ上のプランに変更したい」というような場合も出てくるかもしれません。しっかりチェックしておきましょう!

まず前提として、公式ラインを作った時点では、フリープランで契約されています。
フリープランとは先述したとおり、無料のプランですね!
そのため、なにも料金変更などをしなければ、ずっとお金はかからないという状態になります。

でも、友達登録してくれているユーザーが増えるにつれて、どうしてもフリープランのままではいかないという場合もあるのです。
具体的にいつが変更のしどきなのかというと、友達が増えて、一斉送信できるメッセージの数が少ないと感じたころがよいでしょう。

フリープランの次のプランは、ベーシックプランになります。
ベーシックプランの料金は、月額税抜5000円です。このプランでは、一斉送信メッセージをなんと毎月5000通まで無制限に送ることができるのです!
これは、かなりすごいですよね。

「公式ラインアカウントに登録したけれど、ありがたいことに友達が増えて、一斉送信メッセージがなかなか送れない…」と言う人には、ぜひおすすめです。1000通から15000通になるというのは、かなり大きいですよね。

ではスタンダートプランはというと、ここでは最上級のプランになりますね。最新版の公式ラインに移行することにより、月額20000円のところをなんと15000円で受けることができるのです。
公式ラインが2019年春にリニューアルされてから、さまざまな機能が使えるようになりましたが、値段が安くなっているというのはとても嬉しいですよね。

料金プラン変更をやってみよう!

さてここからは実際に、公式ラインの料金変更をやってみましょう。ここからは最も使用している人が多いであろう、スマートフォンからの料金変更について紹介します。

まず前提として驚きなのですが、アンドロイドのスマホには料金変更のボタンがあるのですが、なんとiPhoneにはないのです!
まずここで多くの人が戸惑いますよね。そうなると、iPhoneの人はパソコン版の公式ラインにログインして、料金変更を行う必要があるのです。

では、パソコンを持っていないiPhoneユーザーは、料金プランの変更がgできないのか…?
と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありませんのでご安心ください!
しかしやり方が少しだけ複雑なので、ここから説明していきます。

まず前提として、ライン公式アカウントにおける管理画面は、ウェブ版とスマホアプリ版で大きく違います。そのため、そのままではできることも変わってしまうのです。
スマホでライン公式アカウントを開く場合、どうしてもアプリにログインすることになるため、そのままの状態だとスマホでウェブ版にログインすることが出来ないのです。
「それならスマホのインターネットから、ライン公式アカウントのウェブ版に飛べばいいのでは?」と思うかもしれませんが、ココでも自動的にアプリへ飛ばされてしまうのです、なかなか手ごわいですね……。

それでは、どうすればよいのでしょうか。
方法は簡単です!スマホをシークレットモードにして、パソコン版にログインするだけなのです。
こうすることにより、パソコンがなくても、iPhoneからでもウェブ版の公式ラインアカウントに入り込むことが出来ます。ちょっと裏技のような感じにはなりますが、やってみると意外とかんたんですよね。

ちなみに、公式アカウントのパソコン版でしか設定できないことは、なにも料金プランの変更だけではありません。そのほかにもプロフィールページの設定やリッチメニュー、リッチメッセージ、リッチ動画メッセージ、そのほかにリサーチ機能などは、アプリ版では使用できませんが、ウェブ版では無料にてすべての機能を使用することができます。
これを知っているのと知らないのでは大違いですよね。

具体的な料金プラン変更方法とは?

ここからは実際に、ライン公式アカウントの料金プラン変更方法について紹介します!
まず、公式ラインにログインした後、アカウント一覧から確認したいアカウントを選択します。
そして、アカウントページの右側にある、「設定」から、左メニューにある「利用と請求」をクリックします。ここから「ダッシュボード」のページに飛ぶと、現在の料金プランの確認をすることができるようになっているのです。

プランの変更方法については、「利用と請求」のなかの、「ダッシュボード」の下にある、月額プランを選択します。
そしてプランのリストから、「ダウングレード」か「アップグレード」なのかを選ぶ場面があります。
プラン料金を下げたい場合は「ダウングレード」、そしてプラン料金を上げたい場合は「アップグレード」を選択しましょう。

以上で、料金プラン変更は終了になります!
やってみると、意外と簡単ですよね。友達登録してくれているユーザーが増えて、メッセージが追い付かないときなどは、料金プラン変更をすることによってできることの幅が大きく広がるのでぜひおすすめです。

目次

まとめ

以上が、公式ラインアカウントについての紹介でした!
いったいどういったものなのかという説明から、登録方法、そして料金プランの変更についてまで、さまざま紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

また、公式アカウントを作るのであれば、ブロックされないための工夫が必要であるということもわかりました。
プロフィールページを充実させたり、アイコン画像を工夫してみたり……そのほか、最初に送るあいさつメッセージなど、気を抜けない重要なところがたくさんあるのです!

公式ラインは、自分の企業や活動を手軽に宣伝することができる、現在かなり影響力の高いものとされています。「気になるけどまだ手は出せていない……」という人は、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。
ここまで読んでいただきありがとうございました。









最新情報をチェックしよう!
>最新Twitter運用ツール

最新Twitter運用ツール

Twitter運用を自分でコツコツする時代は終わり!

ロボットがあなたのTwitter運用をお手伝いします。
REmoNを使って運用を効率化しましょう!

CTR IMG