SEOの始め方 初心者でもできる!簡単なSEO対策とは

SEOとは簡単にいうGoogleで検索を行なった際に、記事を上位に表示させる取り組みのことです。

Googleは日々蓄積しているデータを分析しつつ、ユーザーが望む情報を表示するようにシステム化されています。

そのためGoogleがどういう条件で検索上位に表示してくれるのか読み解いていく必要があります。

そこでこの記事では『SEO』とは一体どういうものなのか?

どうすれば検索上位を取れるのか?

といった点フォーカスを当てて話を進めていきたいと思います。

SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化と呼ばれ、インターネットの検索結果で上位表示させるという対策のことです

ほとんどの人がインターネットで検索を行うと思いますが、2ページ、3ページのサイトまで見る人はいるでしょうか?

1ページ目の上位のサイトを見れば、疑問が解決し、インターネットから離脱してしまう人がほとんどだと思います。

1ページ目の上位に表示されるほど、インターネットでよくアクセスされることを意味します。

このことから、検索エンジンを考慮し、自身のサイトを最適化することが大切、SEO対策をする必要があるということになります。

 

日本ではGoogleやYahoo,Bingなどの検索エンジンよく使用されますが、その中でももっとも利用されている検索エンジンはGoogleになります。

そのためGoogleの検索エンジンを考慮し、SEO対策することが大切になってきます。

ここでGoogleを考慮する理由としては、利用者が多い検索エンジンの方が、上位表示された際に、その分の流入を見込めるからです。

 

実際にGoogleの検索エンジンを考慮してSEO対策をするためには、上位表示されるためのシステム(アルゴリズム)を理解して、1つ1つ対策していく必要があります。

Googleのアルゴリズムの種類は年々増えてきており、その数値は約300程あると言われています。

その中でももっとも重要とされるのは、『被リンク』だと言われています。

論文などを想定していただけると分かりやすいと思うのですが、多くの論文から引用されている研究ほど価値があると言えます。また引用元が大きければ大きいほど、その論文の価値は評価されます。

Googleはこの論文のように、他のサイトから引用されることが最も検索上位を狙うポイントだと、アナウンスしています。

他のサイトから引用されるためには『コンテンツ』の質を上げたり、ユーザーの利便性を向上させることが、SEO対策において重要になってきます。

 

上位表示をするためのSEOとは

Googleの検索品質評価ガイドライン』に記載されているようにSEOで上位表示を目指すためには、『ユーザーの検索意図を掴む(情報の正確さ)』『信頼性(被リンク)』『ユーザビリティ(サイトの使いやすさ)』これら3つを意識することが大切になってきます。

では、その3つのを意識するとは?どんなサイト・コンテンツを作れば、上位表示を目指せるのかを1つ1つ解説していきたいと思います。

コンテンツ に対して1キーワードでなければいけない

SEOでは1コンテンツ1キーワードでなければいけないルールがあります。

理由としては、1つのサイトに色んな情報が盛り沢山だと、ユーザーは自分が求めている情報がどこにあるか見つけにくくなる、利便性が落ちてしまうためです。

このページでは『SEO』というキーワードを元に、SEOについて知りたいユーザーに向けての情報だけを含んでいます。

もしこのページで『SEO』『iPhone』『掃除機』のキーワードをごちゃ混ぜにした情報が含まれていたら、Googleから評価してもらうことはできません。

SEOとは1コンテンツに対して1キーワードの情報を盛り込み、そのキーワードに特化したコンテンツ作りが大切になってきます。上位表示を行う上でベースになってくるので、しっかりと覚えておきましょう。

ユーザーが望んでいる情報を盛り込んだコンテンツにする

ユーザーが望んでいる情報とは、検索意図を掴み、その情報を盛り込んだコンテンツにする必要があります。

ユーザーが望んでいる情報を、必要な分だけ記載されているようなコンテンツ作りがSEO対策で重要になってきます。

ユーザーが望んでいる情報を簡単に見つけられるようにする

ユーザーが望んでいる情報にも色んな種類があります。

例えば、『SEO』の中にある『1コンテンツに対して1キーワード』という項目の情報が欲しい

そんな時にその情報に簡単に飛べるように、目次を設けてあげたり、見出しで分かりやすいすることでユーザーへの利便性が向上し、SEO対策となります。

また自分が作成しようとしているキーワードを検索してみて、他のコンテンツをみてみましょう。そのコンテンツのタイトル、見出し、記事構成からどんな情報がユーザーから求められているのかを読み取ることができます。

読み取れた情報を元にコンテンツ作成していくことは、『ユーザーが望んでいる情報を簡単に提供』することと比例し、手取り早いSEO対策になります。

ユーザーが求めている情報量を意識する

ユーザーが求めている情報量とは、求めている情報が網羅されていて、ダブり、漏れがないことを指します。

なのでコンテンツを作成する際はまず目次を作り、コンテンツに漏れ・ダブりはないか確認しましょう。慣れるまでは、他のサイトの目次を参考にさせてもらい、少しずつレベルアップしていくことが大切になってきます。

情報が網羅されているコンテンツを作成し、ユーザーが必要としている情報を必要な分だけ置いてあげることがSEO施策を進める上で大切になってくるポイントになります。

検索結果で1ページ目にでてくるページはGoogleが良い情報が含んでいると認めている証拠です。なのでその1ページ目にでてくるサイトの全ての情報を含んで、ユーザーが欲しい情報を目次から見つけ出し、その1ページにでてきたサイトの中で一番質が高いと言える状態に持っていくことが上位表示を取れる秘訣になってきます。

ユーザービリティ高いコンテンツにする

ユーザービリティが高いコンテンツとは、読みやすさであったり、使いやすさ、ボタンの大きさ1つとってもユーザビリティと言います。

ユーザーがストレスなく操作できることは、離脱率を少なくし、回遊率をあげる大きな要因となります。

またコンテンツへの滞在時間が伸びると良いコンテンツだとGoogleから評価され、上位表示されるようになります。

次にユーザービリティをあげるためンビ行うべきことをご紹介したいと思います。

リンク切れを無くそう

コンテンツ内容の質向上、商品紹介のために他のサイトにリンクを飛ばすことはよくあります。ですが、リンク先に飛んでみるとそこの情報がなくなっていたり、URLが変わっていたりすることをリンク切れと言います。

リンク切れを無くすためには、定期的にリンク切れを起こしていないか見直す必要があります。

そして、リンク切れがあれば、リンク先のURLを削除したり、正しいものに修正するようにしましょう。

こうして、ユーザーがクリックした際に残念な思いをしないように、常にユーザービリティを意識したコンテンツを提供するように意識しましょう。こうした細かいところまで意識することがSEO施策に繋がり、上位表示されるためのポイントとなってきます。

 

コンテンツの量が多くなってくるとリンク切れを1つ1つ見ていくのは大変になってきます。そんな時はリンク切れをチェックするツールを使用してみましょう。

検索してみると沢山のツールがでてくるので、自分が使いやすいものを見つけて使うようにしましょう。

ページ読み込み速度を上げよう

ページ速度あげるためにはいくつかあるのですが、簡単なものとしてはコンテンツに使用する画像の容量を圧縮することです。

コンテンツを作成する際にアイキャッチなどで画像を使用すると思うのですが、その画像の容量が大きいと読み込みに時間がかかってしまい、Googleから評価をしてもらえません。

そのために使用する画像は圧縮ツールなどを使用して、少しでも容量が少ない状態にしておきましょう。

その他にも読み込み速度を向上させる方法はあるのですが、難易度が高いので、画像圧縮が出来る様になってから取り組んでみましょう。その他の方法を下記のようなものです。

  • AMP対応
  • JavaScript,CSSのコーディングファイルの圧縮
  • サーバーとの応答時間を短縮させる
  • 読み込み情報を非同期にさせるlazy load

スマートフォン対応にする

スマートフォン対応のサイトにするためにはレスポンシブ型にするのが良いでしょう。

レスポンシブ型とはパソコンでもスマートフォンでもサイト崩れしないで表示させることです。

Googleはスマートフォンに優しいコンテンツ作りをしているサイトに対して、良い評価を与えると公式アナウンスしています。そのため、スマートフォンからでもストレスなく回覧できる設計にする必要があります。

画像にalt属性を記述

画像を使用する際はalt属性を必ずつけましょう。

Googleは画像にどんな意味を持っているか認知することはできません、そのため画像にalt属性をつけ、そこに画像が意味する内容を記述してあげます。

またalt属性をつける理由はもう1つあり、何らかの形で画像が表示できない際にもともと画像がある所にalt属性で記述された文が表示されるようになります。そうすることで、ユーザーはそこにどんな情報があるのか認知することができるようになります。

例えば犬の画像を使用した際には、画像のalt属性には『犬_トイプードル』といったその画像が持つ意味を記述してあげることで、ユーザービリティは高まり、上位表示を目指すためにポイントとなります。

SSL化にする

SSL化とはGoogleから推奨されているセキュリティ対策の1つで今ではサーバー契約をすると自動的に加入していることが多くなりました。

ですが、まだSSL化されていないサーバーもあり、SSLが完了されていないサイトはURLがHTTPSではなくHTTPとなっているでしょう。

SSL化をしていないと検索上位を目指す土台にも立てないので、もしSSL化が完了していないのであれば今すぐに対応しましょう。

サイトを保護して、ユーザーが安全にコンテンツを利用できるようにしながらSEO施策を行なっていくことは重要で、上位表示を目指す上で外せないポイントになってきます。

URLは簡潔にする

URLを簡潔にするためには、コンテンツの内容を示す英単語やカテゴリー階層を明確にしてあげることで、簡潔で分かりやすいURLになります。

WordPressなどでコンテンツを出す際に設定を行なっていないと、適当な英語が並ぶだけのURLになってしまいます。

それではURLからコンテンツの内容が想像できなくなり、参照されないので、SEOの効果に期待できません。

なので、一目でわかるようなURLに設定することは、ユーザーの利便性を高め、上位表示を目指す上で重要になってくるポイントになっています。

Googleから評価されやすい形にする

Googleにはサイト1つ1つを見て評価するロボット”クローラー”というものがあり、そのクローラーにサイトを見てもらうことを「クロール」と言います。

自身のサイトをどれだけSEO施策を取り入れても、クロールされないことには上位表示を目指すことはできません。なのでここでは、クローラーに自身のサイトをクロールしてもらえる取り組みをご紹介いたします。

コンテンツはテキストベースで作成する

コンテンツはテキストベースで作成するのが良いとされています。

その理由としてクローラーは画像に何の意味を持っているか認識できず、alt属性を記述しても完璧ではないとされています。

ですので、できる限り分かりやすい文章を書くことに考慮しましょう。ユーザーが理解するために必要不可欠な時のみ画像を使用し、できる限りクローラーに負担がかからないコンテンツにするとが望ましいと言えます。

クローラーに負担が大きいと、クロールの質が落ちてしまうので、気をつける必要があります。

URLの正規化

1つのサイトに複数URLからアクセスできてしまうと、GoogleはそのURLの評価を分散してしまったり、重複しているコンテンツだと認識し、ペナルティを課すことがあります。

例えば

www.hage.com/

www.hage.com/index

com/の後にindexを入れても同じサイトに飛ぶことができます。

そうならないためにアクセスできるURLを1つに絞って、重複コンテンツを避け、重要なコンテンツが正確にクロールされるようにすることをURLの正規化と言います。

ここでの対策方法として、301ダイレクトとcanonicalタグ処理で使用するドメインをしてすることでURLの正規化することができます。

内部リンクは関連性が高いコンテンツを

関連性が高いコンテンツとコンテンツがリンクで繋がっているとサイトの質が向上し、クロールされやすいサイトになります。

関連性の高いコンテンツを繋げるためには、ある程度のコンテンツが必要になってきます。

なので、雑記ブログのような情報のカテゴリーが分散しているので、内部リンクを繋げるのは難しいですが、特化ブログやサイトは繋げやすくなるので、どんどん内部リンクでつないであげるようにしましょう。

クロールしやすいように関連性が高い内部リンクを繋げてあげることが、上位表示を目指す上で必要になってきます。

robots.txtで使われていないファイルをクロールしないようにしよう

robots.txtというファイルに使用しないファイルやページを伝えることでクロールが必要ないページをピックアップすることができます。

例えば、企業のサイトでログインページなどクロールされる必要はありません。

クロールが必要ないサイトを伝えてあげると、限られたクロールのリソースで評価してほしいページに配分することができるので、上位表示を目指す上で重要なポイントになってきます。

XMLサイトマップを設置する

XMLマップとは簡単にいうと、どのページがどこにあって、どういうサイト構造なのかを明記しているファイルのことです。

このマップファイルがあるメリットとして、クローラがどのページを見れば良いか分かるようになるので、限られたリソースで効率よくクロールしてもらえるようになります。

SEO施策をしてもクロールしてもらえないと意味がないので、XMLサイトマップも作成するようにしましょう。ですが、XMLサイトマップもコンテンツあってこそ必要になってくるので、初心者の型は質の良いコンテンツ作りに力を注ぎましょう。

まとめ

SEOの施策はこれだけではなく、日頃増えたり、変化したりしています。

ですが、Googleは『ユーザーの検索意図を掴む(情報の正確さ)』『信頼性(被リンク)』『ユーザビリティ(サイトの使いやすさ)』この3つの軸を元にSEOをアップデートしています。

なので、大幅なアップデートが見受けられるまでは上記のことを意識し、サイト作りに取り組めば検索上位は必ず狙えます。

 

SEO施策は1つ1つはシンプルなのですが、数が多いので面倒になったり、継続するのが難しいという点が挙げられます。ですが、ここまで読んだ貴方ならきっと自身のサイトを上位表示することができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>最新Twitter運用ツール

最新Twitter運用ツール

Twitter運用を自分でコツコツする時代は終わり!

ロボットがあなたのTwitter運用をお手伝いします。
REmoNを使って運用を効率化しましょう!

CTR IMG