SEO対策をして効果が出るまでにかかる時間は?【効果を早める裏技あり】

SEO対策を適切に行うことで、あなたのサイトの検索エンジンからの評価が上がります。

WEBサイトを運営している方であれば、必ずといっていいほど、誰もがSEO対策を意識しているでしょう。

ただ、「SEO対策の効果が反映されない」、「SEO効果が現れ始めるのはいつごろからなの?」そういった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回は、SEO対策の効果が反映されるにはどれくらいの時間がかかるのか、また、SEO対策をしたにも関わらず検索結果に反映されないさいの対処法について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、SEO対策の効果反映にかかる時間についての理解が深まり、適切なSEO対策の行い方が分かります。

SEO対策の効果反映には時間がかかる

「SEO対策の効果が反映されるまでの時間はどれくらいかな?」と疑問を抱えている方は多いかと思います。

もちろん、そういった疑問が湧くのは当然ですし、なかなか反映されないと、行ったSEO対策が正しかったのかと不安になりますよね。

ただし、実際のところ、SEO対策の効果が反映されるまでの時間は、はっきりとは分からないのが事実です。

これについては、Googleも公式に発表していないので、私たちには事例から測定できるおおよその時間しか、知り得ることができません。

例えば、検索ボリュームの大きいビッグキーワードでは、SEO対策を講じてからそれが反映されるまで、1年という時間がかかることもあります。

逆に、検索ボリュームの比較的小さいスモールキーワードでは、SEO対策を講じてその日に結果が出たりということも時にはあります。

このように、狙っているキーワードや競合サイトの強さ、もっといえば講じたSEO対策によっても、効果が検索順位に反映される時間は変わってきます。

SEO対策の効果の反映具合を確認するには、対策を講じたら、その後定期的に検索順位チェックツールなどを使って、順位をチェックしていきましょう。

低い順位で停滞しているページを確認したら、再度別の方法でSEO対策を講じるなどして、トライアンドエラーを繰り返して、サイトのパフォーマンスを向上されることが大切です。

SEO対策と効果が反映されるまでの時間

上で説明したように、SEO対策を講じてから反映されるまでの時間は、ある程度、キーワードの検索ボリュームに関連するといえます。

そして、検索ボリュームが大きく、競合サイトが強ければ強いほど、行ったSEO対策の効果が検索結果に反映されるまでの時間は、長くなる傾向があります。

ただ、そうはいっても、行ったSEO対策の効果がなかなか出ない状況は、サイト運営者として辛いものがありますよね。

そういった方向けに、講じた対策によって、それぞれどのくらいの時間がかかるのか、おおよその目安をご紹介します。

ただし、上でも説明したように、誰もSEO対策が検索結果に反映されるまでの時間はわかりません。

ここで紹介するSEO対策の反映時間を参考にしつつ、基本的には慌てずに、長い目でじっくりとSEO対策を行なっていくことを心がけましょう。

内部SEO対策をした場合

内部SEO対策、特にページに関するテキスト情報を変更した場合には、比較的短い期間で効果が反映されることが多いです。

早ければ2,3日で検索結果に反映されることもありますし、2,3週間かかることもあります。

頻繁にクローラーが巡回しにくるページでは、クローラーがページの情報をすぐに拾いにくる可能性が高いです。

一方、クローラーがあまり巡回しにこないページでは、更新したページの情報をすぐに読み取ってもらえる可能性は低くなります。

また、クローラーがページの情報をチェックした後、Googleの検索エンジンがページの良し悪しを評価することによって順位が決まります。

つまり、クローラーがページの情報を認識するのと、Googleの検索エンジンがサイトを評価し順位を決める段階があるので、一概にこれくらいの時間でSEO対策の効果が反映されるとは、いえないのです。

ただ、少なくともタイトルや見出し、本文の内容などを変更するなどの内部SEO対策については、他の対策と比べて比較的早く効果が反映されやすいとはいえます。

上述のような内部SEO対策を講じたにもかかわらず、半年や一年効果が見えないのであれば、対策が間違っている可能性が高いです。

そういった場合は、このページの下部で紹介する対策を行ってみてください。

外部SEO対策をした場合

外部SEO対策を行った場合、つまり被リンクを獲得した場合は、検索結果に効果が現れるまでの時間は比較的遅いといえます。

そもそも、被リンクを獲得するには、ページのコンテンツの質を上げ、多くの人にページを認知してもらい、ページを参照してもらわなければなりません。

また、被リンクを獲得してから、Googleに評価されるまでの時間も、早くて1,2週間程度かかるといわれています。

外部SEO対策を行った場合は、その対策が反映されるまでに様々な要因が関わってくるので、おおよその目安を測定するのも難しいところです。

また、内部リンクの整備などの対策は、一般的には内部SEO対策として分類されますが、これも被リンクの獲得同様、効果が反映されるまでの時間は長くなります。

リンクに関わる変更をサイトに施した場合、ある程度の時間がかかることを考慮して、対策の効果をチェックするようにしましょう。

ページを追加した場合

新規に記事を書くなどして、新しくサイトにページを追加した場合、そのページが検索エンジンに正しく評価されるまでには、基本的に1,2ヶ月かかるのが普通です。

ただし、上でも説明したように、検索エンジンへのインデックスと、適切に評価される段階は違います。

ページを追加した場合では、1,2日で検索結果に表示され、遅くても1,2週間の間には検索エンジンにインデックスされます。

そこから、Googleエンジンに正しく評価されることによって、検索順位が上がってくるという仕組みです。

また、検索ボリュームが少なかったり、強い競合サイトがいなかったりすると、インデックスと同時に上位表示されることもあります。

なので、やはり、ページを新しく追加した場合でも、そのページが正しく検索結果に反映されるまでの時間は確実に捉えることはできないのです。

あくまで、あなたの新規ページと、狙っているキーワードの検索ボリュームや競合性の高さを考慮して、目安としましょう。

サイトをリニューアルした場合

サイトリニューアルを行った場合は、その効果が検索結果に反映されるまでに、かなりの時間を要することがあります。

反映されるまでの時間の幅は、数日から半年程度とかなり大きく、一概にこのくらいの期間と言うことができません。

理由としては、リニューアルしたサイトは、基本的に被リンクが貼られていないことが挙げられます。

被リンクが貼られていないと、Googleのクローラーが巡回できず、サイトを見つけられないため、検索結果にインデックスされにくいのです。

また、個別のページを更新した場合にもいえることですが、サイトをリニューアルした場合は特に、競合の多さや強さに左右されます。

サイトをリニューアルする場合は、以下で紹介する対策を参考に、インデックスを促した上で、検索上位に表示するための対策を打っていきましょう。

SEO対策をしても順位が上がらない場合

SEO対策をしていても、どうにも順位が上がらない、または、検索結果に表示されないということがあるかと思います。

もちろん、検索順位が上がらない場合は、時間が十分に経っていないことが原因であることもあります。

ただ、一方で検索結果で上位表示することがそもそも難しい状況だったり、インデックスされていないことが原因だったりもするのです。

そこで、以下では、検索順位が上がってこないという場合に取るべき対策をご紹介します。

SEO対策を講じたにもかかわらず、検索順位が上がってこないときは、こちらを参考にしてください。

ロングテールキーワードを狙う

よくある失敗例として、ビッグキーワードを狙っているために、検索結果で上位表示されないということがあります。

ビッグキーワードは、検索ボリュームが大きく、基本的に競合性の高いキーワードになるので、そもそも上位表示できる可能性が非常に低いです。

ビッグキーワードでSEO対策を講じても、検索結果で上位表示されない状態であれば、まずは、ロングテールキーワードを狙ってコンテンツを作成しましょう。

ロングテールキーワードとは、2語以上からなる複合キーワードのことです。

語数が増えることによって、より具体性が増し、ターゲットが絞られるので、検索ボリュームは減りますが、競合性は低くなります。

競合性の低いキーワードでは、ライバルページもそれほど強くないので、検索順位で上位表示が取りやすいです。

最終的にビッグキーワードを狙う場合でも、まずはロングテールキーワードを狙った良質な記事を増やしましょう。

サイト全体としてコンテンツの質と、専門性が高まれば、ビッグキーワードでも、上位表示することが可能です。

XMLサイトマップを利用する

XMLサイトマップを利用すると、Googleの検索エンジンにインデックスされるのを、促進することができます。

XMLサイトマップが設置されていない場合、階層の深いところにあるページが更新されても、クローラーが辿り着けないことがあります。

一方、XMLサイトマップを設置しておくと、深い階層にあるページの存在をクローラーに示すことができます。

結果として、クローラーが巡回する頻度が高くなるので、更新したページがクローラーに再認識されて、インデックスされやすくなるのです。

ワードプレスを使用している方であれば、Google XML Sitemapsというプラグインをしようすることで、XMLサイトマップを利用することができます。

まだXMLサイトマップを利用していない方は、導入して、まずはGoogleの検索エンジンにインデックスしてもらいやすくしておきましょう。

Googleサーチコンソールを利用する

Googleサーチコンソールを利用することで、サイト内のページのインデックスを、Googleの検索エンジンにリクエストすることができます。

GoogleサーチコンソールのURL検査では、インデックスのリクエストを送ることで、Googleのクローラーが該当ページを巡回を要請することができます。

結果として、該当ページが認識される可能性が高まり、Googleの検索エンジンにインデックスされやすくなるのです。

ただし、GoogleサーチコンソールのURL検査は、あくまでURL登録のリクエストを送るだけのものなので、100%インデックスされるとは言い切れません。

ただ、ほとんどの場合はインデックスを促進できるのも事実です。

重要なページを更新したり、新規で作成した場合は、Googleサーチコンソールを使ってURL登録のリクエストを送っておきましょう。

まとめ:SEO対策の反映時間を早めよう

今回は、SEO対策の効果が反映されるのにかかる時間や、SEO対策をしたにも関わらず検索結果に反映されない場合の対処法について説明しました。

現状、SEO対策の効果が反映されるまでの時間は、正確に求めることができません。

なので、おおよその目安を考慮しつつ、長い目で見て、愚直に施策を打っていくことが大切です。

また、どれだけ待ってもSEO対策の効果が反映されない、なるべく早く効果が反映されるようにしたいという場合は、こちらの記事を参考に対策を打ってみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>最新Twitter運用ツール

最新Twitter運用ツール

Twitter運用を自分でコツコツする時代は終わり!

ロボットがあなたのTwitter運用をお手伝いします。
REmoNを使って運用を効率化しましょう!

CTR IMG