初心者でも難しくない!今からでも遅くないTwitterの始め方を詳しく解説します!

Twitterが流行している中、「Twitterをまだやったことないから、やってみたい!」と思っている人は多いと思います。

ですが、Twitterは使い方が分かれば面白いし自分のツイートが誰かの役に立つこともあります。

しかし、始めたいけど、登録の仕方が分からなかったり、登録をしてもTwitterの使い方が分からなくてTwitterを放置してしまうなんてことも。

今回は、Twitterの使い方を紹介していきます。これから、Twitterを始める人は必見ですよ!

Twitterとは何か

Twitterは140文字のツイートを投稿するSNSです。利用者は世界全体で何と3億人も利用している世界的に有名なSNSです。

140文字のツイートを投稿するだけでなく、他者のツイートを拡散するリツイート機能があります。

そのため、InstagramやFacebookなどのSNSよりも拡散する能力がずば抜けて高いのが特徴です。

それ以外にも、気に入ったツイートをブックマークで保存したり、気に入ったツイートをする人や共通の趣味を持つユーザーをフォローして、仲良くなれたりすることも。

交流のしやすさが高い、SNSであるのも最高の魅力です。

次の項目では、Twitterの登録の仕方について紹介します。

Twitterの登録の仕方

Twitterの始め方はいたって簡単です。

  1. Twitterのアプリをダウンロード
  2. アカウント作成のボタンを押す
  3. 表示名を入力(何回でも変更可能)と電話番号を送られてくるSMSで本人確認
  4. ログイン時のパスワードを英数字6文字以上で設定
  5. 自己紹介を入力
  6. プロフィール写真を設定
  7. 連絡先を同期
  8. 興味のあるトピックを追加

こちらがTwitterの登録手順です。

登録は無料で、本人確認時に必要な書類も一切ないので誰でも気軽に始めることが出来ます。

また、パスワードは覚えやすいもので安全性の高いパスワードを設定しましょう。

次の項目では、1から7までの手順を詳しく解説していきますね。

1.Twitterのアプリをダウンロード

まずはTwitterのアプリをダウンロードしましょう。

ブラウザからでも出来ますが、アプリをダウンロードしておけば楽にTwitterを使用できます。

Androidの人はGoogle Playから、iPhoneの人はApp Storeから「twitter」で検索すれば、アプリをダウンロード出来ます。

2.アカウント作成のボタンを押す

ダウンロードすれば、あとは登録するだけ。

「アカウントを作成」のボタンを押して、アカウントを作成しましょう。

3.表示名を入力(何回でも変更可能)と電話番号に送られてくるSMSで本人確認

まずは、表示名を入力しましょう。

表示名は本名でもニックネームでもオッケーです。

もし、名前がしっくりこなかったら後から何回でも変更出来ますのでご安心下さい。

その後、電話番号を入力するとSMSで認証コードが送られてきます。

送られてきた認証コードを入力すれば次の項目へ進めます。

4.ログイン時のパスワードを英数字6文字以上で設定

続いてはパスワードを入力します。

パスワードは、英数字を組み合わせた6文字以上を入力します。パスワードは覚えやすく、安全なものを入力するのがオススメです。

5.プロフィール写真を設定

パスワードを入力したら、プロフィール写真を設定しましょう。

プロフィール写真は著作権に違反していなかったら、どの写真を使用しても大丈夫です。

特に、自分の写真を載せると相手も安心して交流が出来るのでオススメです。

自分の写真を載せるのに抵抗がある人は、自分のイラストなどを使用するのも良いですよ。

6.自己紹介を入力

続いては、自己紹介です。

自己紹介は生年月日、出身地、趣味や好きなものを入力しましょう。

そうすることで、自分がどんな人なのかが明確に伝わり、相手とのコミュニケーションも円滑になります。

親しみやすいプロフィールを作成するのも大切なコミュニケーションの1つですよ。

7.連絡先を同期

Twitterにはなんと、アドレス帳に登録されている連絡先を同期させる機能もあります。

連絡先を同期させることで、連絡先を知っている人のTwitterのアカウントを表示させることが出来ます。

そうすることで、友人のアカウントにも自分がTwitterを始めたことが通知されるので友人同士でTwitterを楽しみたい人はオススメの機能です。

懐かしの友人とも、Twitterでまた会えるなんてこともあるかもしれませんよ。

8.興味のあるトピックを追加

興味のあるトピックは、エンタメ、スポーツ、ニュース、FUN(面白い話題や旅行)など自分が興味のあるジャンルを選びましょう。

選び終わると、選んだジャンルに基づいてオススメのアカウントが出てきます。

その中から自分の好きなアカウントをフォローすればタイムラインが充実していきます。

今、話題の人から好きなアーティスト、漫画家などTwitterをやっている著名人は様々です。

気に入ったユーザーをどんどんフォローしていきましょう。

ここまで、Twitterの登録の過程を説明しました。

次の項目ではTwitterの基本的な動作について説明します。

Twitterの各機能について紹介

TwitterにはRT(リツイート)、リプライ、いいねの機能があります。

それらの機能について、それぞれ詳しく説明していきます。

RT(リツイート)

RTはリツイート機能の略称です。

RTはTwitterを閲覧していて、有益な情報を含んだツイートや面白いツイートなどを拡散する機能。

Twitterの拡散能力の高さを象徴している機能ともいえます。

RTのやり方はいたって簡単。

タイムラインに表示されているツイートの下部にある左から2番目のボタンを押して「リツイート」の項目を選ぶだけです。

これだけでリツイートは完了します。

また、リツイートの下にある「コメントを付けてリツイート」を押すと、ツイートに対してコメントをした状態でリツイート出来ます。

コメント付きリツイートで入力できる文字は最大で116文字。

普通のツイートよりも文字数が少ないのでご注意を。

コメントを付け加えることで、拡散性も高くなりますし、フォロワーが増えることも。

RTを上手く利用して、Twitterを楽しみましょう!

リプライ

リプライはツイートに対して返信をする機能です。

一般的には「リプ」と呼ばれています。

リプライ機能を使用する際にはツイートに対して(@相手のID)を入力して送信します。

このような形式でリプライ機能を利用します。

この機能はTwitterユーザーすべてに使える機能なので、リプライ機能で交流をしていきましょう。

好きなアーティストにリプライを送ったら、本人からのリプライが来るかも…!?

いいね

いいね機能は相手のツイートに共感した際に「共感しました!」ということを伝える機能。

ツイートの右下のハートマークを押せば、いいねをしたことになります。

いいねしたツイートは後からまとめて見ることが出来ます。


フォローの仕方

他のTwitterのアカウントをフォローする方法は、ユーザーのページの右にある「フォローする」のボタンを押すだけです。

フォローすることで、相手のツイートをタイムラインで見ることが出来るようになります。

気になるユーザーがいればどんどんフォローしていきましょう!

お気に入りのユーザーのツイートの更新通知を受け取る

気に入ったTwitterユーザーの通知を受け取ることもできます。

通知を受け取る方法は、相手のプロフィールの右上にあるベルのマークを押して「すべてのツイート」という項目を押せば、通知を受け取ることが出来ます。

好きな芸能人のツイートはもちろん、防災情報など大事な情報の通知を受け取る設定にしておくといいですよ。

ブロックやミュートの仕方

Twitterをやっていると、良いことばかりあるわけではありません。

嫌がらせのツイートを送って誹謗中傷されたり、不快なツイートを見かけるなど嫌なことも、もちろんあります。

その場合には、ブロックやミュート機能を利用して自分の身を守りましょう。

ブロックをしたいと思ったら、相手のアカウントのページの右上にあるメニューボタンを押します。

そこにブロックの項目があるので、「@○○さんをブロックしますか?」と表示されたらブロックボタンを押すだけです。

ブロックすると「ブロックされています」と表示されるので、これでブロックは完了です。

ミュートもアカウントのページの右上のメニューボタンを押してミュートの項目を押して、ミュートをするだけなので簡単にミュートが出来ます。

ブロックとミュートの違いですが、簡潔にまとめると

ブロック:アカウントとの関わりを完全にシャットアウト

ミュート:特定ツイートの非表示で密かに距離を置く

ブロックを使用すればフォローは強制解除され、互いのツイートの閲覧にリプライ、DMの送信など一切出来なくなります。

その際に、ブロックされた側がブロックした側のページにアクセスすると「ブロックされているため、ツイートを表示出来ません。」と出てくるのでブロックされていることが分かります。

相手に対しての拒否反応が強い場合はブロックを使用しましょう。

逆に、ミュートはブロックするほどのことではないけど会話やアカウント、特定のキーワードを見たくないという時に使用することをオススメします。


DMの送り方

TwitterにはDM(ダイレクトメッセージ)の機能もあります。

非公開で会話を行いたい時にオススメの機能です。

基本的にはフォロワー同士で行いますが、設定次第では全ての人とやりとり出来るようにもなります。

送り方は相手のプロフィールアイコンの横にあるメッセージボタンを押して、メッセージを入力するだけ。

大事なやりとりを行うときにオススメです。

アカウントの鍵についての説明・鍵の掛け方

Twitterではアカウントに鍵をかけることも出来ます。

鍵をかけることで、

・フォローはフォローリクエストを許可した人のみ

・ツイートはフォロワーしか見られなくなる

・リツイートもフォロワーのみ

・ツイートが検索結果に出なくなる

といった制限がかけられます。

鍵をかける手順は、

そのため、鍵のついたアカウントを見ることが出来るのは限られた人のみになります。

ひっそりとTwitterを楽しみたい人には鍵をかけるといいかもしれませんね。

メンション

ユーザー名(@○○)を有効活用した機能の1つとしてメンションというものがあります。

例えば、シャープの空気清浄機の良さをフォロワーを広めたい時。そうゆう場合には「シャープ(@SHARP_JP)」と入力すれば、相手に対して宣伝効果が生まれます。

シャープは公式アカウントですので、宣伝効果を含むメンションは問題ありません。ただし、他人に対しての突然のメンションは不信感を生んだりするので気をつけましょう。

どうしてもメンションしたい場合には、許可を取ったり、信頼関係を築き上げるなどしてメンションを行いましょう。

リスト

Twitterに慣れて、フォロワーが増えるとタイムラインがごちゃごちゃして分かりにくくなってしまうことも。

タイムラインを分かりやすくするためにも、リストを作成しましょう。

リストの作成方法は、

1.左上のアイコンボタンを押して、リストボタンを押す

2.右下の青いリストボタンを押す

3.「リストを作成」の項目でリスト名やリストの説明を入力

4.ユーザー名か名前を入力し、ユーザーをリストに追加

という流れで出来ます。

タイムラインの情報を見やすく出来るので、情報整理したい方にはオススメの機能です。

リストを見られたくない場合は、非公開にもできるので安心して使えます。

ハッシュタグ

Twitterを楽しむためにも、押さえておきたいのがハッシュタグ。

ハッシュタグは「#タピオカ」のように、#のあとに単語かキーワードを入力。

すると、ハッシュタグをタップした他のユーザーが投稿を見ることが出来ます。運が良ければ、拡散されることも。

ハッシュタグは1つだけでなく、何個でもつけることが出来るので拡散したい場合にはうってつけです。

検索の仕方

Twitterでは、検索機能が使えます。

特定のキーワードを入力すれば、リアルタイムで情報を得ることが出来ます。

災害情報やスポーツの試合速報など瞬時に手に入るのはTwitterの良いところです。

検索方法は、Twitterの下部にある虫眼鏡のマークを押して、画面上部の検索窓で調べたい言葉を調べるだけ。

次の項目では、検索をもっと効率化する検索コマンドを紹介します。

検索するときに使える便利なコマンド

Twitterで検索するとき、特定のキーワードは検索出来てもそれ以外の情報は検索の仕方が分からないですよね。

ですが、検索をもっと最適化するために使用できるコマンドが実はあるんです。

そちらを紹介しますね。

1.since検索

検索窓に「検索したいワード since 年 月 日」を入力すると、指定した年月日から現在までのツイートを表示することが出来ます。

2.until検索

「検索したいワード until 年 月 日」 を検索窓に入力することで、過去から指定した年月日までのツイートを見ることが出来ます。

3.@検索

「@ユーザー名」で検索すると、ユーザーのツイートやリプライやメンションなど、指定したユーザーのアクティビティを確認できます。

4.from検索

「from:@ユーザーID」と検索することで、特定のユーザーのツイートのみ表示されます。

5.to検索

「to:ユーザーID名」での検索は、リプライとメンションのみ検索できます。

6.画像フィルタ検索

「filter:images」と入力すると、画像を投稿したツイートだけを表示します。

7.動画フィルタ検索

動画の場合は、「 filter:videos」と入力しましょう。そうすると、動画を投稿したツイートを見ることが出来ます。

8.リンクフィルタ検索

「 filter:links」でリンクを含んだツイートのみが表示されます。

逆に「 -filter:links」 でリンクを除外したツイートを閲覧出来ます。

9.アカウントフィルタ検索

「 filter:verified」で検索すると、検索結果に認証されたアカウントのツイートが表示されます。正しい情報を得たいときにオススメです。

10.source検索

「source:(投稿元)」で指定した投稿先からのツイートを絞り込めます。

InstagramやFacebookとリンクして投稿されたツイートを見つけることが可能です。

11.-検索

「from:(検索したいワード)-(検索結果に表示したくないワード)」という形式で検索すると、特定のワードを除外できます。

12.and検索

パソコンを使っている方で、この検索方法を知っている方は多いのではないでしょうか。「ラーメン 福岡」という風に検索すると、ラーメンと福岡の2つを含んだツイートを見ることができます。

13.OR検索

「ラーメン OR 福岡」とORで区切ると、1つの検索ワードが少なくとも表示されます。

ORは大文字で、半角スペースを空けて入力することと出てきます。

14.完全一致検索

“”で言葉を囲むことで“”の中の言葉と完全一致したツイートを検索できます。

似たような言葉ではなく完全な言葉を探したい場合に使えます。

15.タグ検索

ハッシュタグ限定で探したい場合は「#○○」と入力しましょう。

ただし、言葉を間違えずに入力しないと検索結果が反映されないので要注意です。

16.lang検索

「lang:言語コード」の様式で検索すると、ツイートの言語を指定して表示されます。

日本語なら「lang:ja」、英語だったら「lang:en」。

このように、付け加えた言語限定で検索することが可能です。

17.リツイート検索

「@○○ min_retweets:数字」で指定された数字以上のリツイートがされた投稿を探すことができます。

「今、どんな投稿がリツイートされてるのだろう」と気になったときに使えるコマンドです。

18.お気に入り検索

「@○○ min_faves:数字」で指定の数以上にいいね!を押されたツイートを見ることができます。

19.リプライ検索

「@○○ min_replies:数字」 でリプライが多いツイートを探せます。

Twitterを使いこなして、日常をもっと豊かに

Twitterは最初は難しいですが、使いこなせるようになれば楽しくなります。

Twitterは、色んな人や考え方、生き方に出会えますし、「こんな裏技があったんだ!」とびっくりするような生活の知恵で、暮らしを楽しくできます。

正しく楽しくTwitterを使って、人生を充実させていきましょう!

最新情報をチェックしよう!
>最新Twitter運用ツール

最新Twitter運用ツール

Twitter運用を自分でコツコツする時代は終わり!

ロボットがあなたのTwitter運用をお手伝いします。
REmoNを使って運用を効率化しましょう!

CTR IMG